Simple

多ジャンルの情報配信 ~広く浅く意味のある~

就活大学生向けに面接で使える旬の時事ネタまとめてみた

f:id:oneTwo:20181209112233j:plain

 

今回も、学生が知っておきたい

時事ネタをピックアップしました。

僕の独断と偏見を織り交ぜながらも、

かみ砕いてお伝えしたいと思います!

 

これから就活を進めるなか、

業界や業種の全体像を捉えられているか

これは本当に重要になってきます。

 

教養としても頭にしまっておいて

損はないと思うよ~

 

 

 

1.キャッシュレス化の未来

 

newspicks.com

 

韓国は90%、中国は60%、日本は20%。

支払い時におけるキャッシュレスの割合。

 

日本は、いわゆる先進国の中でも

ダントツで低いです。

つまり、現金主義なんです。

 

ここには背景があります。

結論から言うと、

日本は本当に過ごしやすい。

何を取ってもそこそこ便利な国です。

 

現金を持っていても

そこまで苦労しないですよね。

 

町中にATMがあり

銀行も沢山ある。

 

クレジットカードを所持する人も多い。 

キャッシュレスにするほど困っていない。

ここが本質だと思います。

 

ただ、キャッシュレスが便利なのは

火を見るよりも明らかです。

 

キャッシュレスが当たり前になれば、

明らかに生活の質も向上します。

そして、日本の経済にも

プラスのインパクトを与えるでしょう。

 

具体的なお話は、こちらの記事でも

参考にしてください。

2020年に向けて加速するキャッシュレス社会のメリット・デメリットとは? | クレカッティ

 

日本でキャッシュレス化を浸透させるのは

至難であることはいうまでもありません。

 

 

・子供からお年寄りまで違和感ないUI・UX

・現金からキャッシュレスへ促す大々的なキャンペーン

・決済方法の統一化

・一斉・同時的な店舗での普及

 

 

なかなかハードル高いですね。

天下のPayPalさんが悲鳴を上げるのも無理はない。

 

 

 

2.個の時代の生き方

 

newspicks.com

 

労働市場での人材の流動性が高まるなか、

”自分を売る”ということが求められます。

 

そこで必要になるのが、

自分をマーケティングするちから。

いわゆるマーケット感覚です。

 

マーケット感覚という言葉を初めて聞く方

ぜひこちらの本を読んでみてください!

bijodoku.com

 

何かモノを売る時を考えてください。

例えば、パソコン

このパソコンのスペックはですね…

なんてセールスされたらどうですか?

 

いや、分かるわけねぇだろ。

CPU?メモリ?、、

違いなんてわかるわけねぇだろ。

 

たぶんこんな感じですよね(笑)

この感覚があらゆる商品で

巻き起こっています。

 

つまり、どの商品もだいたい同じじゃん?

という現象です。

 

そういったモノがあふれる時代に

大切なワードが差異です。

 

ここのはなしはまた別の機会にします。

頭の片隅にでもしまっておいてください。

 

話を戻しましょう。

労働市場でも同じことが言えるという結論です。

この差異が人にも求められているんです!

 

じゃあ、差異ってなんの?

 

「こんな会社に勤めている」「こんな資格がある」ということをアピールするより、「自分の仕事によって、あなたの生活がどう変わるか」「自分のビジョンについてくると、あなたにどんないいことがあるか」をアピールしたほうがいい。それこそが、「個の時代」にふさわしいあり方だと思います。

 

このストーリーが差異になります。

目に見える資格や能力ではなく、

その先にあるストーリーが、

人を惹きつけ、仕事を引き付けると。

 

更にその先のお話として、

 そのためには、自分の能力や理想像を徹底的に棚卸しする必要があります。自分が自分に対して心から納得していないと、他人を説得することなどできないからです。

 

ここが超重要ですぞ。

皆さんメモメモ。

 

他人に語るストーリーは、

自分が誰よりも納得していないとダメ。

心の底から納得感を持たないと

相手にも伝わらないし、

自分もやっていてしんどい

つまり、モチベーションが湧かないんです。

 

だからこそ、自分が納得できること

心の底から信じていることが大切。

 

これが、好きを仕事に!とか哲学を持とう!

といった話に繋がります。

 

今、世にはびこる好きを仕事には、

その先の自由が原動力にあるように思います。

もちろん、好きを仕事に!の先を考え、

ワクワクしながら仕事ができるのは

とてもいいことです。

 

ただ、それでは響かないんです。

自分が本当に納得して、

圧倒的な自信を持ってリコメンドするモノ。

圧倒的に高ぶって表現してるモノ。

 

これが周囲の人を動かして、

社会に影響を与えるようになる。

 

原点はあくまで自分。

もっと自分を愛してください。

自分の心に耳を傾けてください。

今、自分を表現できる最高の時代が幕を開きました。

 

3.天職の見つけ方

 

newspicks.com

 

好きなこと×できること に、投資をして

それを強みに変える。

そして、社会のニーズにチューニングする。

 

結局は、仕事選びも自分原点です。

自分がしたいことや

なりたい将来像をとことん考える。

 

この、考えるという時間をケチってはだめです。

インターネットに答えは眠っていません。

常に自分の頭の中に答えはあります。

 

ぜひ、紙に書きだして思考を外に出し、

客観的に見てみましょう。

 

「あと1年しか仕事ができないのならば、何に打ち込むか」
「お金の制約がなかったら、何をやりたいのか」

 

こんな極論を問いかけるのもひとつお勧めです。